FXで勝つにはどうしたらいいか。

Posted by | FXの勝ち方

最初に言っておきますがFXの必勝法などは存在しません。
上がるか下がるか二つに一つです。
コイントスして表が出るか裏が出るか当てるのに必勝法はないのと同じです。
しかし、大打撃をかわして、トータルで勝つセオリーや定石は存在します。
いかにその定石に沿って投資をするかで生き延びられる年数が変わってきます。
生き延びている間に大勝をして、どこかで撤退をする。
これがFXで勝つための要諦です。
最初にしっかり準備をします。
個人投資家はレバレッジ25の規制があるので、大儲けはできません。
サラリーマンをして小遣いをコツコツためた方がいいです。
FXで勝つなら、法人化してレバレッジ300倍で勝負します。
これなら少ない証拠金で大きな勝負ができます。
それでも種は500万円くらいはあった方がいいでしょう。
1回50万円を負けのリミットとして、10回は勝負できます。
法人化は司法書士にお願いしたら割と簡単にできます。
これは1回きりの出費なので毎年出ていく固定費ではないのでお願いしてもいいお金です。
次に税金対策をしっかり考えます。
法人化すると経費が広く認められるので、節税の幅は広がりますが、税理士を雇うと毎年約30万円の固定費が出ていくので、準備期間の間に自分で申告できる腕を身につけていたらいいでしょう。
さらに儲かった分を給料として払う人を決めておきます。
自分と配偶者を法人の社員として給料を支払う。
給料の額と支払日は年に1度しか変えられないので、しっかり考えてから決めておきます。
それからFXで勝負するわけですが、毎月いくらずつ勝つというのは事前に決めていてもかなり難しいです。
給料は毎月払いですが、FXは勝てる相場と難しい相場があります。
勝っているポジションは持越しOKですが、負けポジションはその日、最長でもその週で手じまい、絶対に持ち越さない。
勝っているポジションはなるべく追加で大きくして、負けポジションのナンピンは厳禁です。
休むも相場との格言もありますので、負けが重なれば相場を休み、会社も税務署に休業届を出してしばらく様子を見るのも一つの方法です。
こうして大勝のチャンスをひたすら待ち、大勝したら撤収するのがFXの勝ち方です。