FXの捉え方について

Posted by | こんな風に取引しています

私の知人では東日本大震災が起こったとき日本経済が大きく後退するとすぐに感じたそうです。
そこまでは正しい認識でした。
その知人は今後に不安が高まって円安傾向になると思ってFXトレードで海外の通貨とトレードしたのです。
でも、結果は円安ではなく円高傾向に傾いきました。
なぜこのような状態になったかというと、保険会社の存在が大きかったからです。
日本経済が窮地に立たされて円安傾向になると思った人よりも、震災によって日本の保険会社は加入者への保険金支払いのお金を集めるために海外の資産を売り払い大量の日本円が流れ込むと円高傾向になると予測したのです。
つまり、円高傾向に傾いたわけです。
その知人は結局損をしてしまいました。
このように、日本経済が危うくなるから円安になるとは決して限らないと言うのがよくわかります。
現実に現在の世界情勢は世界各国で自国の通貨の価値を落とそうと必死になっています。
通貨の価値が落ちれば、それだけ輸出しやすくなり経済は上向くからです。
本来は通貨の価値が上がればそれだけその通貨の国は信頼されているという証であり喜ばしいことなのに、現在ではどこの国も通貨を安くなることを願っています。
何とも皮肉な現象とも言えます。
今後の世界情勢もどのような事態が起こるかわかりません。
もしかしたら、今までとは全く違った状況に陥る可能性も十分に考えられます。
そのときFXの捉え方もまた大きく変化するかもしれません。