FXのデメリットにはどんなものがあるのか

Posted by | FXのリスク

FXをするのならば、そのメリットだけではなくデメリットも知っておくべきでしょう。
FXのデメリットの一つが相場の変動のリスクです。
相場が変動しなければ利益も望めないのですが、相場が動けば損失が出る可能性もあります。
FXでは外貨貯金と違いレバレッジがあるため、その損失が大きくなってしまう場合もあるのです。
FXにはロスカットというものがあります。
これは損失が大きく膨らまないように、ある一定の条件になると強制的に決済され損失が確定されます。
次に、取引が約定しないというリスクがあります。
参加者が多く取引金額が膨大になった場合、売りたいのに売れない、買いたいのに買えない、約定しないということが起こります。
そのようなことにならないように、FX業者を選ぶ場合は約定力の高い業者を選ぶべきです。
次に、インターネットで取引ができるFXだからこそのデメリット、システムトラブルが発生するデメリットがあります。
オンライントレードという性質上、いつでもシステムトラブルが起こる可能性はあるわけです。
それに日本独特の理由というものもあります。
それは月曜日に市場がオープンした時、日本のFX業者のシステムが動いていないことが多いのです。
つまりニュージーランドのウエリントン市場がオープンしているのに、日本のFX業者のシステムは動いていないこともあるわけです。
ウエリントン市場オープンから日本のFX業者のシステムが動くまで、ロスカットも発動しない可能性もあるわけです。
もし、週末に大事件が起こり、すでに月曜日のオープンから大荒れになっていても、日本のトレーダーは手も足も出せない可能性もあるわけです。