FXのリスクのお話

Posted by | FXのリスク

もちろん、FXにもデメリットはあります。
やはり、なんと言ってもリスクでしょう。
変動する相場を利用してお金を手にする時にはかならずリスクは付きまといますが、
FXに特有なリスクがあるのです。
FXの取引におけるリスクは大きく分けて二つあります。
証拠金のリスクと、レバレッジのリスクです。
①証拠金によるリスク
まず、証拠金とは何かから考えていきます。
私がFXはじめようと考えたとき、直接為替市場と取引するのは私ではありません。
私は、FXを始めるために口座を開設した取引会社と取引し、
その取引会社がかわりに外国為替市場で売買を行っています。
このとき、取引会社に私の指定通り売買してもらう代わりに、
まとまった額の担保を預けておくのです。
これが保証金です。
さて、この保証金ですが、取引会社が倒産したらどうなってしまうのでしょうか?
これが、保証金のリスクです。
もちろん、ある程度は保障されるはずですが、会社ごとに制度がいろいろ違うと思うので、きちんとチェックしてから会社を選びたいですね。
②レバレッジによるリスク
これは、メリットにもデメリットにもなります。
レバレッジとは、手元にあるお金が少なくても、大きな額の取引ができる仕組みです。
普通は「倍」を単位にします。
例えば、2千ドル=20万円を買うという取引がしたい時に、半分の10万円や四分の一の5万円で取引ができます。
この2千ドルを売った時に出た利益は、何倍のレバレッジにしたかに関係ないので、
利益率は2倍、4倍になります。
しかし同時に損が出てしまった場合も2倍、4倍になります。
もろ刃の剣のレバレッジは、しっかり考えないとFXのデメリットのひとつになります。