為替・fxの仕組みとリスク

Posted by admin

fxは2国間の通貨を取引する投資です。2国間の通貨の価値は国同士の経済的、政治的なバランスや国内の情勢などによって常に変化し続けています。これらの変化をfxのチャート、政府や経済研究所の発表する各種指標の発表をもとにして予測し、取引を行います。なかなか大変そうに思えますが、ポイントをおさえてしまえばあとはそう難しくはありません。

fxの取引で特徴的な仕組みが「レバレッジ」です。レバレッジ(てこ)はその名のとおり少ない資金で大きな金額を動かすことができる仕組みです。たとえば10万円の資金をfx口座に入金して(これを証拠金といいます)、レバレッジを10倍に設定すると、100万円分の取引を行うことができるようになります。このことによって取引で利益が出れば実際には10万円しか持っていないにもかかわらず100万円で取引したときの利益を得ることができるのです。
このようなレバレッジを利用すれば成功した場合にはほかの投資では得られないレベルの利益を得ることができます。しかしだからといって高レバレッジでいきなり取引を始めることはおすすめできません。
投資にはリスクがつきものです。
株式投資の場合にも例えば購入した株式を発行した会社が倒産してしまえばその株式の価値は0になってしまいます。
fxの場合はさらに大変で、高レバレッジで取引している時に急な為替の変動が起こったら資金がマイナスになってしまうことすらありえるのです。高レバレッジでの取引は利益の振れ幅が大きい分損益の振れ幅も同じだけ大きくなってしまうのです。
fxではついつい高レバレッジに設定してしまいがちですがやはり初心者のうちはレバレッジを低く設定して取引になれるのが間違いが無いでしょう。
ちなみに、高レバレッジに設定して投資に失敗した人が増えてしまったために今ではあまり高レバレッジの設定はできなくなっています。
実践練習をつみたい人は各fx業者が提供しているデモトレードでバーチャル取引を行いましょう。